社長ブログ~マーケティング屋の『日常』

お米屋さんの優れたマーケティング感覚

昨日の今日で連続のブログ記事投稿ですが、ちょうど今朝起こった出来事であり、昨晩の記事とあまりに好対照だったので、さくっと10分でアップしてしまいますね。我が家が贔屓にしているKSP(またか!)近くにあるお米屋さんの優れたマーケティング感覚についてです。
 
pic rice
今朝、オヤジさんから電話がかかってきました。「今週末は連休ですが、お米大丈夫ですか?」古来からある御用聞きですが、電話という点だけ新しいですか。チェックして大丈夫だと告げると、どうも!と明るい声で電話が終る。「面倒くさい営業を受けた」という気分は微塵もありません。

続きを読む...

新しいパン屋とどっちつかずの出店戦略

弊社関東支部の近所に、KSP(神奈川サイエンスパーク)という主に技術系のベンチャー企業および近所の大企業の関連会社などが安価で入居している大きな施設があります。こざっぱりしているが安い「KSPホテル」(ときどき川崎フロンターレと戦う相手チームが泊まってる)も中に入っており、さすが第三セクターの強みといった感じです。最寄駅への無料バスなども出ており、周辺住民には中々便利な施設です。ただ、中にある店舗の「出店戦略」に気を払っていないため、垢抜けない地味な印象がMAXな施設です。壁の色もくすんだピンクで素敵。
 
間借りしている店舗は、どれも押し並べてぱっとしないものばかり。飲食系は、多くのオフィスワーカーを抱えているため、昼飯をなんとかすれば大丈夫、という危機意識のなさに満ち満ちていて、KSPの外から多くの客が来て賑わっている絵は見たことがありません(例外はドトールぐらい)。飲食以外の店舗が分が悪く、書店も、花屋も、次々に店仕舞いし、数ヶ月ずっと空き店舗という状況です(例外は郵便局ぐらい)。で、潰れた花屋の後に入ったのがパン屋さん!が、マーケティング戦略が皆無で今からはらはらどきどきで、妻と気をもんでいるところです。

続きを読む...

LinkedInに見えるニッチ深化の方向

久しぶりに「LinkedIn」に寄ってみました。週末に事業関連で少しsocial media周りを整備したため、随分と見ていなかったこの英語系SNSを覗いたのです。随分とinterfaceも変わっていて、探索するのが面白かったです。
 
スタートしたのはFacebookよりも早かったような気がするのですが、その後は派手なスタイルやより楽しい生活・娯楽機能を充実させて個人ユーザーを取り込み、爆発的に流れに乗ったFBに大きく水を開けられた様相に。しかし、「まじめにビジネス・プロフェッショナル系」という当初からのヴィジョンに変更はなく、また、そのニッチなエリアでブランドを作っているみたいです。

続きを読む...

道は違っても目指す頂上は「患者」

いわゆる「マーケティング」から少しずれる話にはなりますが、医療現場における様々な職種の人間にとって、横断的に共通するサービス提供の目的について考えてみました。朝日新聞アピタルブログです。京都のクリニックでビハーラ僧(ホスピス現場に従事する仏教チャプレンのようなもの)の皆さんにインタビューして気付いたことから書き起こしています。

続きを読む...

新規の素人客か昔からの玄人客か?

新規の素人客か昔からの玄人客か?」…これは、マーケティングにおいてはとても大事な問いになります。そこら辺があやふやだと、ターゲットが明確にならず、商品やサービス構成にも問題が出てくるからですね。

そして、ここで後者を選ぶ選択肢が、いわゆる「リレーションシップマーケティング(関係性マーケティング)」の発想のコアとなります。むろん、両者を組合わせることも可能ですし、商品の性質においては、こんなにきっちり二分割されるものにならないことも多い。しかし、自分が提供しようとしている財をいちど見直してみる、という点に関して、この問いは重要でしょう。

続きを読む...

Copyright 2011. Joomla 1.7 templates. copyright 1998-2013 (有)RDシステムズジャパン