今日、ふと会社のウェブサイト(ウェブ事業部の方)の閲覧ログを確認していたら、1回の訪問で結構なページを閲覧してくださるお客さんがちらほらと。どうしてかな、と見てみると、どうやらGoogle検索で「Joomla 速度向上」などとやると、トップの1位と2位が当サイトになる模様です。嬉しいですが、2点において複雑な気持ちもあります。
 
internet marketing1点目は、若干マニアック過ぎるかな、という点ですね。むろん、今後のサイト構築のトレンドを考えるとき、その更新の容易さや拡張性を考えると、どんどんCMS化することは必須でしょう。そして、数あるCMSの中でも、どんどん機能を充実させる開発コミュニティーの充実さと、セキュリティーへの意識の高さにおいて、Joomlaはトップリストに載るでしょう。素敵な未来です。
 
弊社もそれを活用して、予算規模の小さな小規模組織が効率よく情報を発信できるお手伝いをと考えているので、その筋で検索ランキングが上がるのは嬉しい。でも、ちいっと技術的というか、マニアック過ぎるところでGoogleに掴まったな、という気もします。まぁ、ブログ内容がそうなので仕方ないのですが。
 
 2点目は、これは心理学者としてmotivationを考える上において興味ぶかいことが。この結果を知って、「もっとマニアックで技術的なもの書かねば!」という得体の知れない外からの期待に応えたい方向から来るmotivationの高まりを内に感じるのですな。前述のように、本来はもう少しコンテンツに寄った話を書ければと思うのですが、技術的なところで「期待されているのでは」と応じてしまい、より職人的なものを、より誤りなく記していこうぜ、俺、みたいなずれた、しかし環境に適用しようとする意識を感じます。
 
発達心理学でも必ず出てくる「どうやって子供の内的な動機付け/intrinsic motivationを刺激するか」というテーマですが、多くの場合、上手く賛美や褒美を使ってということになります。その褒美が、ブログを書くものにとってはGoogleのリスティングということもあるでしょうね。そう考えると、凄い影響力ですよね。新聞・雑誌には決してできない「全自動の書き手動機付けマシーン」ですからね!まじで怖いわ。SEOみたいにそこに大金も動く。こわ!
 
ということで、今後もマニアックなネタを頑張って書こうと思いますので、宜しくお願いします。(そこか落としどころは!?)
 
ブログトップへ
「security audits」と言います。

よく使われる0-1024までのportは無論のこと、そこに脆弱性の多い1500以上のportをチェック。
それだけならただの「free port scan」なので、PC向け。

で、「standard」テストの場合、実に32,169の脆弱性についてテストしてくれます。
実際、わずか直近の30日間の間に709 new tests in the last 30 days

加えて嬉しいのが、DOS(Denial of Service)テストまで付加すること。これは、ご存知のようにサーバーに高負荷をかけるため、外すことも。

無料なのだが、ポイントは「サーフできるportからし

 blog update calendar

December 2018
MoTuWeThFrSaSu
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456