強烈な猛暑です。くれぐれも熱中症にならないようにお互い気を付けましょうね。さて、今回は、巨人GoogleがついにMariaDBに肩入れを始めた、という最新ニュースです。ファンとしてはとても嬉しいですね。
 
pic speed
http://bit.ly/17zHcZc 
 
 
もちろん、GoogleがMariaDBに1人や2人エンジニアを送ったこと自体は大したことではありません。が、それが意味するものは大きいでしょうね。SUNに買われてそれをOracleに買われて、オープンさがとたんにしぼみ構造も複雑になってきたMySQLに対して、技術面ではスピードを、哲学面ではフリーダムを掲げて、新しいforkを起こしたパンクオヤジ、かつMySQLの生みの父でもあるMontyを支えるぜ、という表明が、大きな風を生みます。
 
ご存じのように、弊社のMySQLは代替としてMariaDBを使っています(Joomlaの速度向上~MariaDBという選択肢)。オープンとシェアの哲学は優れた技術と葛藤しません。今後も楽しみな展開が起こりそうなオープンソースなDB業界。目が離せませんね。情報はシカゴのJoe Dossからもらいました。Thanks, Joe!
ブログトップへ
「security audits」と言います。

よく使われる0-1024までのportは無論のこと、そこに脆弱性の多い1500以上のportをチェック。
それだけならただの「free port scan」なので、PC向け。

で、「standard」テストの場合、実に32,169の脆弱性についてテストしてくれます。
実際、わずか直近の30日間の間に709 new tests in the last 30 days

加えて嬉しいのが、DOS(Denial of Service)テストまで付加すること。これは、ご存知のようにサーバーに高負荷をかけるため、外すことも。

無料なのだが、ポイントは「サーフできるportからし

 blog update calendar

August 2018
MoTuWeThFrSaSu
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112