学術・研究業界

1998年の創業直後から、RDシステムズのマーケティング事業部は、医療系研究者(大学教員、施設研究員、研究に携わる医師や看護師)と、主に調査案件においてご一緒してきました。創業者の平原が元来アカデミックな人間であることも関連していますが、国内外の学術業界に詳しく、その特殊な作法にも親しむビジネスパーソンと認知され、この業界での顧客が、紹介によって増えています。

この傾向は2010年前後から顕著になり、分野も医学・医療だけではなく、政策科学、認知行動科学…と拡大しています。これは、平原が2011年に東工大の大学院(社会理工学研究科)において博士号(学術)を取得したことと関係します。この5年半の研究生活は、今まで以上に研究者の調査ニーズに対応しながら、特にウェブ調査において、研究の理解を通じた調査票作成や実査が行える提案力を養いました。逆に、調査成果をウェブなどで発表する際には、マーケティングを理解して独善的でない情報提供スタイルを顧客に提案します。

■ この業界での主な顧客:ill survey
  - 個人研究者(大学教員、または施設研究者の個人/グループによる調査の補佐)
  - 研究プロジェクトチーム(横断的な科研型グループ活動におけるウェブ調査およびウェブでの成果発表など)

紹介による場合、この業界は「学割」として特別割引が適用されています。
(くわしくはこちらへ2012年度割引制度)。
Copyright 2011. Joomla 1.7 templates. copyright 1998-2013 (有)RDシステムズジャパン